グラステムセルの全成分、注目成分について解説していきます。

グラステムセルの全成分表示

グラステムセルの全成分表示

グラステムの全成分表示は下記の通りです。敏感肌の人などは肌に合わない成分が使われていないか予め確認しておきましょう。

水、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、グリセリン、ペンチレングリコール、DPG、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ブドウ果実細胞エキス、サポナリアプラミカス培養エキス、コンフリーカルス培養エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、アーチチョーク葉エキス、水溶性プロテオグリカン、セレブロシド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-5、オリゴペプチド-68、スクワラン、オリーブ果実油、オレイン酸Na、ダイズ油、水添レシチン、レシチン、カルボマー、水酸化K、キサンタンガム、(スチレン/VP)コポリマー、エチドロン酸、エチドロン酸Na、EDTA-2Na、イソマルト、BG、ポリソルベート60、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、乳酸、フェノキシエタノール

 

グラステムセルに配合される成分のほとんどが、皮膚の活性化を促したり、肌への負担を減らすものです。

口コミをみても「グラステムセルは肌に合わなかった」という意見はほとんどありませんでした。

ただ化粧品である以上、肌に合わない人はいるはずなので、敏感肌の人はパッチテストをしてから使用した方がいいでしょう。

全成分表示からわかること

グラステムセルは化粧品なので、全成分表示は配合率が高い順に記載されています。(ただし1%以下は順不同)

注目成分の「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」も最初の方に記載されているので、話題づくりの配合ではないことが分かりますね。

化粧品によっては「話題の成分を〇〇配合!」と宣伝しながら、配合率はごくわずかなんてこともあります。

宣伝文句に振り回されないためにも、化粧品の全成分表示を確認する習慣を身に着けておくといいと思います。

グラステムセルの注目成分

グラステムセルの注目成分の特徴や期待できる効果をみていきましょう。

エイジングケアに効果的な「ヒト幹細胞培養液エキス」

ヒト幹細胞培養液エキスは、シワ改善効果、美白効果、抗酸化作用、発毛・増毛効果等、様々な効果が学術発表されている成分です。

「ヒト幹細胞」とは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出すもととなる細胞のこと。

若いうちはヒト幹細胞が活発なので、ターンオーバーも正常にはたらきますが、年齢を重ね幹細胞が減少するとシワやたるみの悩みが増えてきます。

ヒト幹細胞培養液エキス肌に補うことで、肌の内側から再生を促し、ハリ・弾力のある若々しい状態をキープしてくれます。

アーチチョーク葉エキス

フランス料理などに使用される西洋野菜で、肌を引き締めたり、ハリやツヤを与えてくれる成分です。

セレブロシド(天然セラミド)

保湿効果にすぐれ、美肌へと導いてくれる成分です。人間のセラミドに近いため、浸透しやすい特徴があります。

油溶性ビタミンC

コラーゲン生成の促進効果、コラーゲン分解酵素の抑制効果、皮脂の酸化抑制効果、メラニン生成抑制効果が期待できます。

加水分解ヒアルロン酸

1gで6Lもの保湿力があるといわれる保湿成分で、乾燥しがちな年齢肌にたっぷり潤いを届けてくれます。

加水分解コラーゲン

保湿効果に優れ、肌の表面でしなやかな保護膜を作る保護効果が期待できる成分です。

グラステムセルの成分まとめ

グラステムセルの全成分、注目成分を紹介しました。

注目成分はなんといっても「ヒト幹細胞培養液エキス」。グラステムセルには高濃度で配合されているので、年齢肌のケアに効果的なんですね。

グラステムセルの口コミはこちら